エガミ・アートオフィスはクラシックコンサートの企画・制作からコンサート・マネジメント、アーティスト・マネジメント、海外アーティストの招聘などの音楽イベントのプロデュースやコンサルティング全般をご提供いたします。

【マネジメント協力アーティスト】

米田 覚士

(指揮)

 1996年岡山市生まれ。

 幼少よりピアノを始め、桃太郎少年合唱団、岡山市ジュニアオーケストラに所属し打楽器を担当。2016年東京藝術大学音楽学部指揮科に入学、2020年3月同大学を卒業。平成30年度安宅賞受賞。指揮法を小田野宏之、高関健、ピアノを長瀬智弘の各氏に師事。

 2017年6月に東京音楽大学特別講座指揮公開マスタークラスのオーディションに選出され、パーヴォ・ヤルヴィ氏のレッスンを受講。同年8月に熊本県立劇場にて山田和樹氏による公開講座を受講。

 2017年東アジア教育フォーラム特別演奏会 Voice of Okayamaにて岡山大学交響楽団、早稲田大学グリークラブ、岡山県内大学合唱団と、混声合唱オーケストラのためのカンタータ「土の歌」を指揮。2020年渋谷区文化総合センター大和田開館10周年記念演奏会にて大和田祝祭管弦楽団と「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏した。2021年フジテレビ主催、ノイタミナpresentsシネマティック・オーケストラコンサートにて東京21世紀管弦楽団へ客演した。

【Management Collaboration】

Satoshi Yoneda

(Conductor)

Born in Okayama city in 1996.

He started playing the piano as a child, joined the Momotaro Boys' Choir and the Okayama City Junior Orchestra, and was in charge of percussion instruments.

In 2016, he entered the Faculty of Music, Tokyo University of the Arts, where he studied conducting with Ken Takaseki and Tomohiro Nagase on piano. Graduated from the university in March 2020. Awarded the Ataka Prize in 2018.

In 2017, he auditioned for a special course conducting open masterclass at Tokyo College of Music and took a lesson by Mr. Paavo Jarvi. In the same year, he took an open lecture by Kazuki Yamada at the Kumamoto Prefectural Theater.

In 2017, he performed "Cantata the Songs of Land” with Okayama university symphony orchestra, Waseda University Glee Club, and Choirs of universities in Okayama prefecture.

He conducted "Rhapsody in Blue" with Owada Festival Orchestra at the 10th anniversary concert of Shibuya Cultural Center Owada opening in 2020.